9日のPTS注目ポイント=ドーン、ヤマザワ、エスクロAJなど

▽ドーン<2303>、21年5月期は単体営業利益13.8%増を見込み1円増配予定

▽ヤマザワ<9993>、21年2月期第2四半期(20年3-8月)および通期の連結業績予想を上方修正

▽SHIFT<3697>、第3四半期(19年9月-20年5月)の連結決算で営業利益92.3%増

▽エスクロAJ<6093>、第1四半期(20年3-5月)の連結決算で営業利益65.3%増

▽C&R社<4763>、第1四半期(20年3-5月)の連結決算で営業利益33.2%増

▽オオバ<9765>、21年5月期は連結営業利益4.8%増を見込む

▽島忠<8184>、未定としていた20年8月期の単体業績予想で営業利益0.6%増を見込む

▽ホロン<7748>、新工場建設へ

▽稀元素<4082>、ベトナム子会社における新工場生産開始を延期

▽ミクロン精密<6159>、20年8月期の連結業績予想を下方修正、共同開発の電動式骨手術器械ZAOSONiCのOEM開始

▽寿スピリッツ<2222>、第1四半期(20年4-6月)の売上高74.8%減

▽ファストリテ<9983>、第3四半期(19年9月-20年5月)の連結決算(IFRS基準)で営業利益46.6%減、20年8月期通期の業績予想を下方修正

▽7&iHD<3382>、未定としていた連結業績予想で21年2月期は連結営業利益24.1%減を見込む

▽ローソン<2651>、未定としていた21年2月期連結業績予想で営業利益44.4%減を見込む

▽久光薬<4530>、未定としていた21年2月期連結業績予想で営業利益43.2%減を見込む

▽大和<8247>、第1四半期(20年3-5月)の連結決算で営業損益が5億5800万円の赤字(前年同期は1億3800万円の黒字)

▽くら寿司<2695>、第2四半期(19年11月-20年4月)の連結決算で営業損益が4億9100万円の赤字(前年同期は23億5900万円の黒字)

▽ナルミヤ<9275>、第1四半期(20年3-5月)の連結決算で営業損益が4億3500万円の赤字(前年同期は5億5400万円の黒字)

▽Eモーション<4394>、第2四半期(19年12月-20年5月)の単体業績予想を下方修正

▽アウン<2459>、20年5月期の連結業績予想を下方修正

▽ユーザベース<3966>、海外募集による新株式発行

▽主な決算発表=アルバイトT<2341>、AFCHD<2927>、ビックカメラ<3048>、トーセ<4728>、北興化<4992>、三協立山<5932>、竹内製作<6432>、エコーTD<7427>、小津産業<7487>、スリーエフ<7544>、毎コムネット<8908>、乃村工芸<9716>

▽主な月次発表=博報堂DY<2433>、トレファク<3093>、ラウンドワン<4680>、日本スキー<6040>、一家ダイニン<9266>