23日のPTS注目ポイント=スギHD、ナガセ、福島印刷、ハークスレイなど

▽スギHD <7649> 、21年2月期第1四半期(20年3-5月)の好調な推移を踏まえ、これまで未定としていた連結業績予想について、上期(3-8月)は売上高3010億円(前年同期比14.1%増)、営業利益165億円(同11.7%増)、通期は売上高6000億円(前期比10.7%増)、営業利益300億円(同0.8%増)としている。

▽ナガセ <9733> 、これまで未定としていた21年3月期の連結業績予想について、売上高460億7200万円(前期比2.0%増)、営業利益47億1000万円(同3.0%増)と、増収・増益を見込んだ。

▽福島印刷 <7870> 、20年8月期第3四半期累計(19年8月21日-20年5月20日)の連結業績は、売上高59億円(前年同期比6.2%増)、営業利益2億700万円(同1.0%増)で、営業利益の通期予想2億2300万円(前期比42.9%減)に対する進ちょく率は92.8%。

▽ハークスレイ <7561> 、取得期間20年6月24日-7月31日の予定で、上限3億1950万円、30万株(自己株式を除く発行済株式数の3.19%)の自社株買いを実施すると発表。

▽CYBOZU <4776> 、20年12月期5月度の連結業績は、売上高12億3500万円(前年同月比13%増)、営業利益2億7900万円(同24%増)で、1-5月の累計はそれぞれ63億5200万円(前年同期間比17%増)、15億4700万円(同19%増)。好業績を演出しているクラウド関連の売上高は、5月が9億7700万円(前年同月比25%増)で、1-5月の累計は46億4700万円(前年同期間比25%増)。

▽LTS <6560> 、20年7月8日付けで、東証マザーズから東京1部に市場変更されることになったと発表。これに伴い14万株の立会外分売を実施する。

▽コスモバイオ <3386> 、保有する投資有価証券の一部の売却により、20年12月期上期(20年1-6月)に1億9000万円の投資有価証券売却益を特別利益として計上する見込みとなった。

▽コムチュア <3844> 、センシンロボティクス(東京都渋谷区)との資本業務提携を決議。

▽主な決算発表=ガンホー <3765>

▽主な業績修正=三協立山 <5932>

▽主な業績予想の開示=要興業 <6566> 、SPK <7466>