23日の東京株式市場見通し=反発後、堅調な展開か

予想レンジ:2万2300円-2万2700円(22日終値2万2437円27銭)

23日の東京株式は反発後、堅調な展開か。現地22日の米国株式市場で、ナスダック総合指数が終値ベースで史上最高値を更新した動きを受け、買い先行のスタートが見込まれる。手掛かり材料に乏しいなかでも、足元では底堅く推移していることから、しっかりした動きとなりそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=106円台の後半(22日終値は106円96-97銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=120円台の半ば(同119円90-94銭)とやや円安方向にある。22日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、キリンHD<2503>、ソニー<6758>、アドバンテス<6857>などが、22日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、22日の大阪取引所終値比230円高の2万2550円だった。(高橋克己)

23日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・14:00 5月全国スーパー売上高
・14:30 5月百貨店売上高

【海外】(時間は日本時間)
・22:45 米6月マークイットPMI
・23:00 米5月新築住宅販売件数
・米2年国債入札
・決算発表=IHSマークイット<INFO>

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。