30日のPTS注目ポイント=ステムリム、日農薬、ピックルス、バイク王など

▽ステムリム<4599>、20年7月期の単体営業損益予想を従来の10億9000万円の赤字から4億900万円の黒字(前期は7億2600万円の赤字)に上方修正。

▽日農薬<4997>、20年3月期の連結営業利益予想を従来の27億円から40億円(前期比2.2%減)に上方修正。

▽ピックルス<2925>、21年2月期第1四半期(20年3-5月)の連結業績は、売上高120億2100万円(前年同期比13.4%増)、営業利益9億1300万円(同22.5%増)で、営業利益の上期予想14億4000万円(同3.6%増)に対する進ちょく率は63.4%。

▽バイク王<3377>、20年11月期上期(19年12月-20年5月)の単体売上高予想を従来の102億円から105億8000万円(前年同期比4.6%増)に、営業利益を105億円から150億円(同30.4%増)にそれぞれ引き上げている。

▽マルマエ<6264>、20年8月期第3四半期累計(19年9月-20年5月)の単体業績は、売上高31億8200万円(前年同期比7.9%増)、営業利益6億2900万円(同75.8%増)で、第3四半期(3-5月)に限ると営業利益は2億6500万円(同4.7倍)。

▽学研HD<9470>、いったん未定としていた20年9月期の連結業績予想について、売上高1410億円(前期比0.3%増)、営業利益46億円(同1.7%増)と増収・増益を見込んでいる。

▽ツルハHD<3391>、21年5月期6月度(20年5月16日-6月15日)の売上高(速報)は、既存店が前年同月比7.3%増で、全店が同9.2%増。それぞれ前月度の同4.1%増、同5.6%増から勢いを増している。

▽ANAP<3189>、子会社のANAPラボ(東京都港区)が、ASメディカルサポート(福岡県福岡市)との自己脂肪由来幹細胞のバンキング事業および自己脂肪由来幹細胞治療のための研究・開発に関する業務提携契約を締結。

▽SERIOH<6567>、20年5月期の連結営業利益予想を従来の9000万円から1億3600万円(前期比2.2倍)に上方修正。

▽アサヒ陶<5341>、20年11月期上期(19年12月-20年5月)の連結営業損益予想を従来の1500万円の黒字から3500万円の黒字(前年同期は8400万円の赤字)に上方修正。

▽主な決算発表=ダイセキS<1712>、アダストリア<2685>、スターマイカ<2975>、テクノアルフ<3089>、クロスマーケ<3675>、JDI<6740>、ダイセキ<9793>

▽主な業績修正=ダイセキS<1712>、パソナ<2168>、クロスマーケ<3675>、エードット<7063>、インテリクス<8940>、ダイセキ<9793>

▽主な月次=ゲンキードラ<9267>