今晩のNY株の読み筋=NYダウはもみ合いか

 26日の米国株式市場で、NYダウは急落。前日引け後に発表された大手銀行対象のストレステストの結果、9月末まで自社株買いや増配が禁じられたことに加え、テキサス州、フロリダ州など南部を中心に新型コロナウイルス感染者数が急増し、全米の新規感染者数が4万人超と過去最高となったことなどを受け、終日売り優勢の展開。NYダウは前日比730ドル安の2万5015ドルで終えた。

29日は米5月中古住宅販売仮契約だが、今週は2日(木)の米6月雇用統計に向け主要経済指標が目白押しのため、基本的には身動きが取りづらい状況。NYダウは大台の2万5000ドルがらみでもみ合いとなりそうだ。

<主な米経済指標・イベント>
米5月中古住宅販売仮契約

(日付は現地時間)

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。