今晩のNY株の読み筋=FRBのストレステストを受けた金融株の動きに注意

 きょうの米国株式市場は、FRB(米連邦準備制度理事会)による大手金融機関のストレステスト(健全性審査)と包括的資本分析(CCAR)の結果が焦点となりそうだ。

3月にWHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミック(感染症の世界的流行)を宣言する前から、FRBは緊急会合を開催して大幅利下げを決定し、足元は実質ゼロ金利政策をとっている。景気刺激のための金融緩和も絶えず行っているが、金融機関にとっては金利収入を得にくい状況となっている。

FRBがストレスチェックで金融機関に対し減配や配当見送りを促すケースが多ければ、目先の金融株は売りで反応しそう。加えて、米欧貿易問題への懸念、ウイルス感染拡大など前日からのリスクオフムードが継続していれば、全体相場の下げ足を速めかねないので注意したい。

<主な米経済指標・イベント>
1-3月期GDP(国内総生産)確報値、5月耐久財受注、7年国債入札、FRBが大手金融機関のストレステストと包括的資本分析の結果を公表
ナイキなどが決算発表予定

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。