16日の東京株式市場見通し=反発後は堅調な展開か

予想レンジ:2万1700円-2万2000円(15日終値2万1530円95銭)

16日の東京株式は反発後、堅調な展開か。きのう15日に続急落した反動や、現地15日の米国株式が続伸した動きから、買いが先行するとみられる。買い一巡後は、戻り待ちの売りが警戒されるが、終値で日経平均株価の200日移動平均線(15日時点で2万1755円)を上回ることができるか否かが注目されそう。また、ロイター通信社は関係者の話として、米ポンペオ国務長官が今週、ハワイで中国の代表団と会談する見通しと報道。両国関係の改善期待が高まり、株価の下支えとなる場面もありそうだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=107円台の半ば(15日終値は107円35-36銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=121円台の半ば(同120円71-75銭)と円安方向にある。

15日のADR(米国預託証券)は円換算値で、ソニー<6758>、アドバンテス<6857>、キーエンス<6861>などが、15日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、15日の大阪取引所終値比565円高の2万1915円だった。(高橋克己)

16日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・黒田日銀総裁会見

【海外】(時間は日本時間)
・18:00 独6月ZEW景況感指数
・21:30 米5月小売売上高
・22:15 米5月鉱工業生産・設備稼働率
・23:00 米4企業在庫、米6月NAHB住宅市場指数

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。