今晩のNY株の読み筋=感染動向や景況感指標などに注意

 きょうの米国株式市場は、きのうの大幅安から下げ幅を縮めるとみられるが、リスクオフムードは残りそうだ。

きのうの米国株式市場は、テキサス州やフロリダ州で新型コロナウイルスの感染拡大が確認され、感染第2波への懸念から主要3指数が大きく値を下げた。

経済活動再開を急ぎすぎたことが感染再拡大につながっているとの見方もあり、引き続き感染者数の動向には気を付ける必要がありそうだ。

一方、きょうは6月ミシガン大学消費者マインド指数(速報値)の発表がある。市場予想を下回るようなら、売りが加速する可能性があるので注意したい。

<主な米経済指標・イベント>
5月輸出入物価、6月ミシガン大学消費者マインド指数

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。