先週の流入額上位-「未来の世界(ESG)」など新規設定3ファンドがトップ3独占

 国内公募追加型株式投信(確定拠出年金専用、ファンドラップ専用、及びETF除く)を対象として、モーニングスター推計値に基づいて先週(20年7月20-22日、7月27-31日の合計)の純資金流出入額を確認したところ、純資金流入額の上位10ファンド中7ファンドが先々週(20年7月13-17日)に続いて上位10位内となり、新規設定の3ファンドがトップ3を占めた。

先週の純資金流入額トップは、4093億円の純資金流入となった「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)」(愛称:未来の世界(ESG))。同ファンドは20日の設定。同日の純資産残高は3833億円となり、設定日の純資産残高としては2000年2月に設定された「ノムラ 日本株戦略ファンド」の7898億円以来、約20年ぶりの高水準となった。競争優位性や成長力などの点で質が高いと判断される「ハイクオリティ成長企業」に投資する「未来の世界シリーズ」の新ファンドで、日本を含む世界の企業の株式を投資対象とし、運用プロセスにESG(環境・社会・企業統治)の視点を加えている。

純資金流入額2位の「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド」(愛称:ゼロ・コンタクト)は31日、3位の「ダイワ Society 5.0関連株ファンド(資産成長型)」(愛称:スマートテクノロジー(資産成長型))は20日の設定。「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド」は、日本を含む世界の上場企業の株式を対象に、「ITの浸透により人々の生活をあらゆる面でより良く変革させる」とされるデジタル・トランスフォーメーション(DX)関連の中でも、ニーズが高まりつつある非接触(ゼロ・コンタクト)ビジネス関連企業の株式に投資する。

「ダイワ Society 5.0関連株ファンド(資産成長型)」は、未来社会のモデルを意味する「Society 5.0」をテーマとして、日本を含む世界の企業の株式に投資する。「Society 5.0」を「支える技術(デジタル基盤技術等)」、「健康的な暮らし(医療等)」、「便利な暮らし(省力化等)」、「豊かな暮らし(消費・サービス等)」の4つのコンセプトに区分けしており、具体的には、IoT関連、サイバーセキュリティ関連、AI関連、医療機器関連、フィンテック関連、ロボット関連、eコマース(電子商取引)関連、クラウドコンピューティング関連などの、ポストコロナ社会において需要拡大が見込まれる分野に投資する。

先週に続いてランクインしたのは、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」の「Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」と「Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)予想分配金提示型」、「テトラ・エクイティ」、「投資のソムリエ」、「netWIN GSテクノロジー株式ファンド Bコース(為替ヘッジなし)」、「サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)」、「GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ Bコース(為替ヘッジなし)」(愛称:nextWIN)の7ファンド。

一方、先々週ランクインしたファンドのうち「GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ Aコース(限定為替ヘッジ)」(愛称:nextWIN)、「ダイワ J-REITオープン(毎月分配型)」、「サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジあり)」がランク外となった。