4日の東京株式市場見通し=続伸後は上値の重い展開か

予想レンジ:2万2200円-2万2500円(3日終値2万2195円38銭)

4日の東京株式は、続伸後は上値の重い展開か。きのう3日の強い動きや、現地3日の米国株式市場で、ナスダック総合指数が史上最高値を更新した流れから、買い先行のスタートとなろう。買い一巡後は、戻り待ちの売りに上値を抑えられる格好となる場面も警戒され、個別株への選別物色が中心になるとみられる。為替相場は、ドル・円が1ドル=105円台の後半(3日終値は105円89-90銭)、ユーロ・円が1ユーロ=124円台の半ば(同124円54-58銭)と小動き。3日のADR(米国預託証券)は円換算値で、ソニー<6758>、TDK<6762>、ホンダ<7267>などが、3日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、3日の大阪取引所終値比295円高の2万2385円だった。(高橋克己)

4日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・ 8:50 7月マネタリーベース
・10年国債入札
・決算発表=旭化成<3407>、三菱ケミHD<4188>、アステラス薬<4503>、CTC<4739>、日本製鉄<5401>、クボタ<6326>、ダイキン<6367>、ソニー<6758>、SUBARU<7270>、ヤマハ<7951>、丸紅<8002>、三菱UFJ<8306>、オリックス<8591>

【海外】(時間は日本時間)
・23:00 米6月製造業受注
・豪州準備銀行理事会
・決算発表=(欧州)インフィニオン・テクノロジーズ(米国)ラルフローレン<RL>、ディズニー<DIS>

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。