今晩のNY株の読み筋=上げ幅縮小も上昇持続か

 きょうの米国株式市場は、主要3指数が連日の上昇で利益確定売りも出そうだが、あすに7月雇用統計の発表を控えていることや、米議会で協議中の追加経済対策をめぐり与野党が今週中にも合意するとの見方が強まっていることもあり、様子見ムードもただよう。追加経済対策への期待が相場を支援し、上げ幅を縮めつつも上昇が持続する流れになるとみられる。

一方、新規失業保険申請件数は高水準が続くとみられるが、前週以上の増加件数とならければ、相場への影響は限定的となろう。

<主な米経済指標・イベント>
ボール、イルミナ、トリップアドバイザー、ゾエティス、フォーティネット、ウーバー・テクノロジーズなどが決算発表予定
新規失業保険申請件数

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。