今晩のNY株の読み筋=米7月住宅着工件数などに注目

 4日の米国株式市場は、米7月住宅着工件数や米7月建設許可件数が注目となる。市場予想の平均値は、住宅着工件数が前月比4.6%増の124万件、建設許可件数が同4.9%増の132万件。ただ、新型コロナウイルス感染症の再拡大で一部の経済指標は悪化傾向にある。最近のNYダウは上昇と下落を繰り返しており、この流れを引き継ぐなら今晩は上昇となるが、依然として過熱感が残るため、追加経済対策の協議進展や米中関係の改善、新型コロナワクチン開発などの前向きなニュースなどがみられなければ上値は限定的となりそうだ。

<主な米経済指標・イベント>
米7月住宅着工件数、米7月建設許可件数

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。