19日の東京株式市場見通し=一進一退の展開か、米ナスダックの連日最高値更新は支えも円高が重し

予想レンジ:2万2900円-2万3150円(18日終値2万3051円08銭)

19日の東京株式市場は、一進一退の展開か。18日の米国株式は高安まちまちながら、ナスダック総合指数が連日で最高値を更新し、支えとして意識される。一方、円高・ドル安歩調が重しとなり、上値は限定的とみられる。外国為替市場では、円は対ドルで1ドル=105円台前半(前日東京時間終値105円52-54銭)と強含み、対ユーロでは1ユーロ=125円台後半(同125円49-53銭)と弱含んでいる。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、18日の大阪取引所終値比変わらずの2万3060円だった。

19日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・8:50 6月機械受注、7月貿易統計
・7月訪日外客数
【海外】
・7月28、29日開催のFOMC議事録
・米20年国債入札
・決算発表=(アジア)香港証券取引所(米国)アナログ・デバイセズ、エヌビディア、ターゲット

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。